ベンジーと最後の面会の日



d0366488_23220940.jpg


2018年3月、よく晴れた日、ベンジーと最後の面会に出かけた。
9か月ぶりの再会だ。

訓練の成果を窓からこっそり見せていただいた後、
ベンジー、と呼ぶと、
大きな尻尾をお尻ごと振って、ビューンとすっ飛んできた。
嬉しい、嬉しい、嬉しい。
実質30分間だけの水入らず、
興奮冷めやらず。
見慣れたあのスマイル。
終始、笑いっぱなしのベンジーだった。
ようやく落ち着いたと思ったら、お別れの時間だった。

d0366488_23231658.jpg


ベンジーは盲導犬にはならない。
9か月間、訓練所で訓練を続けたが、
キャリアチェンジすることに決まった。
じつは今年1月の時点では、
よい結果が出るようにもうひと頑張り、
といったお知らせを訓練士さんからうかがっていたので、
少し意外だった。

でも、もっと意外だったのは、
私たちの気持ちが、
盲導犬には向いてないと判断したと知らされて、
残念というよりもむしろ安堵したことだった。
教会の人や地元の応援団に伝えると、
みなが同じような反応を見せた。
家族って、そういうものかな。

d0366488_23244702.jpg


もちろん、盲導犬の道をそのまま進んでいたら、
それはもう大喜びだったはず。
でもね、ベンジーの甘えん坊気質を考えると、
ちょっと大変かなと、うっすら感じていたのだ。
ベンジーには、
笑いたいときにいつでも笑っていられる、
そんな自由な暮らしが似合っているかな、とも。
盲導犬のユーザーさんたちに、
失礼がないようにと思いながら書いている。

一頭の犬が生まれ、育てられ、
盲導犬になることを目指して、
大勢の人が時間と労力を惜しみなく費やす。
この気の遠くなるような積み重ねの中で、
社会が少しずつでも変化していく。
この一年を通して、
盲導犬のこと、
ユーザーさんのこと、
バリアフリーのこと、
いろんなことを考える機会を与えられたことに、
やっぱり感謝が溢れる。
ムダ、ということはひとつもないのだから。
人間の希望を生まれながらに背負ったパピーたちは、
最終的には、その犬にとって最善の場に送られていく。
ある犬は盲導犬として、
ある犬はキャリアチェンジをして家庭犬として。
なんだか、神さまの視点のようだな、とも思う。

d0366488_09574558.jpg


盲導犬になったならば、
私たちパピーウォーカーは、
ベンジーが引退した時には引き取ることができる。
でも、キャリアチェンジの場合は、
別のボランティアさんが引き取って生涯世話をする。

ベンジーなら、
どこに行っても幸せになれる。
そう信じているし、
ベンジーの性格を考慮して、
最適なご家族に引き取られると聞いていたから、
こちらの方はまったく憂いなし。
ああもちろん、ベンジーが我が家に来てくれれば、
と思うのはパピーウォーカーならば当たり前。
でもね、そういうすべてをわかって始めたことだからそこはあっさりと。

社会の大切な預かりものとして、
ベンジーを育て、
そして必要なところに派遣していく。
こういう循環って、
キリスト者にはおなじみだわと感慨深く。
みんなをこれからもそのスマイルで幸せにね。
ベンジーの新しい道での使命は、きっと笑顔なんだから。


d0366488_23251489.jpg
最後に見せたイケメンくんな表情。
最後に抱きしめて、毎日話しかけていた「ベンジー大好き」を二回繰り返したら、
ベンジーはじっと聞き耳を立てて、うん、わかってるよ、という顔をしました。
その時の表情、一生忘れないと思います。
 ベンジーとの日々、本当に楽しかった !


         
これでベンジーの物語はおしまいです。
このブログは、パピーウォーカーの記録として、ここまでにして、
本家のブログ「牧師館のお茶会」に戻ることにしました。
ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました !










[PR]
by puppy_Benji | 2018-05-16 10:19 | パピーウォーカー | Comments(0)