ベンジーと鎌倉の海へ


再びベンジーのこと。

盲導犬パピーをどのように育てているのかを知りたくて、
インスタグラムでパピーウォーカーさんたちをフォローしてみた。
みなさんこまめにコメントを交わし合い、
実際にもお会いしている様子。スバラシイ。

私は、イイネ、を押すのがやっとのスマホユーザーなので、
我が家には時差があるのよねぇ、
などと独りごち、せっかくコメントをいただいても
1週間後に返信するという体たらく。
案の定、コメント、というものはほとんど来なくなった。

まあ、それも自分らしい使い方だと思って(じつは筆マメではないのです)、
みなさんの育てぶりをときどき見ては感心することしきり。
なんとよく、パピーをあちこちに連れ歩いていることか。

いろいろなことを体験させるのは、
パピーウォーカーの使命なので、
我が家も頑張ってはみた。
けれども、
ワンツー問題(外でいきなりしてしまう)が
なかなか解決しない時期が長かったこともあって、
「泳ぐ」という体験をさせることができないまま、
別れの時が近づいてきて、やや焦る。

とにかく海。海は見せよう。
毎日、川辺を歩くことが日課だったので、
ベンジーは「水」というものは知っている。
川岸の近くまで降りてみたことも何度か。
風に泡立つ水面に、エキサイトしたことも何度か。
でもあの、広くて、大きくて、
私の大好きな海というものを知らないんなんて。

というわけで、
送り出す月の初め、
鎌倉の友人に頼んで、
散歩のお供をしてもらうことになった。
あちらは2匹の小型犬を連れて。
小さなお友だちに近づいたことはないので、
どうなるかな。

人間たちの心配をよそに、
「グッド」で育ったベンジーは、
いつもの通り、平和主義。
あちらの2匹も、
ひとしきり騒いでしまうと、
あとは静かになって受け入れてくれた。
なんだ、大丈夫じゃない、と人間たちは安堵する。

盲導犬パピーは、
他の犬と遊ぶことはさせない。
挨拶のために近づいた後は、
ゆるやかな距離感を保ちながら、
3匹と3人で海辺を歩いた。

初めての波に、ベンジーは大はしゃぎする。
そして、久しぶりの砂浜に、
私も友人を忘れてベンジーと大はしゃぎ。
たぶんもう一回連れてくれば、
自分から沖へと向かい、
当たり前みたいに泳ぎだすのではないかな。
でも、そのもう一回、というものはない。
これが、盲導犬パピーとの暮らしなのだ。

d0366488_23415827.jpg

犬連れに、駐車場は必須。犬も入れるお店は、鎌倉にはさすがに多いですね。

d0366488_23420588.jpg

ハワイアンカフェにしました。トンビに気をつけてください、と言われて渡されたランチボックス。トンビよりもカラスがすごかった。ベンジー、鳥たちに反応して、ゆっくり食べられず。これはちょっとした誤算。

d0366488_23422569.jpg

はあ、これはなんでしょう、の図。ベンジー、この後、狂喜乱舞。

d0366488_23423931.jpg



d0366488_23424500.jpg

へっぴり腰がカワイイ。いつもの川辺とは違って、打ち寄せる波に、なんだなんだ ! ? 
d0366488_23430945.jpg

修学旅行生もたくさんはしゃいでいましたけれど、ふと、人通りが絶え、静まる時間。

d0366488_23431334.jpg

江ノ電も見ましたよ。いつか電車に乗る日に備えて、踏切や電車を毎日見せていましたので、まったく平気なベンジー。

d0366488_23431635.jpg


海と山が身近にある暮らし、やっぱりいいな。

d0366488_23431967.jpg

はるばるニューヨークからやってきたわんちゃん。ご挨拶が済んだら、どちらもたいして気にせず、静かなもの。

d0366488_23432598.jpg

[PR]
by puppy_Benji | 2017-06-22 22:23 | パピーウォーカー