犬暮らし、公園通い


犬のいる暮らしには、
日々の散歩が当たり前のようについてくる。

ベンジーとは、荒川河川敷がいつものコース、
ときどき隅田川沿い。
浅草に向かって歩くこともあれば、
南千住に向かって歩き、
都立汐入公園を利用することもあった。

東京の川沿いの景色は、
しばらく行かずにいると、ずいぶん変わっていたりする。
汚らしいだけだと思っていた歩道が、
しゃれたボードウォークに変身していたりして、
ああこれも、オリンピックの影響か、と思ってみたり。

河川敷の雑草の伸び具合だとか、
刈り込まれた芝生の青々とした香りだとか、
あるいは、木々の変化だとか。
緑の少ない東京下町の中で、
自然の変化をじかに感じながらの暮らしは、やはり好きだ。

出先で適当な公園がないものかな、
とこのあたりのアンテナにも敏感になる。
今回の季節外れの写真は、桜の季節に撮影したもの。
江戸川区の篠崎公園。ここが今回の犬暮らしで発見したヒット。
犬がいなくても、また行きたいな。

d0366488_21593754.jpg


d0366488_21595217.jpg

丘あり、芝生あり。広い広い。

d0366488_21594644.jpg

桜もたくさん。並木道。

d0366488_21593184.jpg

落ち葉や花びらには目のないベンジー。でも、こんなにたくさんあると、もういいかな、といった感じでした。拾い食い、匂い嗅ぎ、盲導犬パピーは、いずれもNGなので、この点も苦労しました。だって、犬は本来、匂い嗅ぎするものですからね。

d0366488_21592764.jpg

じつは車の揺れが少々苦手。この車は、降り口が狭いから、余計に辛かったかな。苦笑いのベンジー。

d0366488_21595864.jpg

車酔い寸前? いつも笑っているベンジーにも、不得手がありました。とはいえ、1歳になるころには、車酔いをほぼ克服。

d0366488_21592193.jpg

ただし、一緒に車に乗るのは好き。夫に抱っこしてもらって、ご機嫌の図。車に乗ると、楽しいことが待っているのを知っているんですね。きっと。

[PR]
by puppy_Benji | 2017-06-11 22:54 | パピーウォーカー