クリスマスリースのデザイン、どうする ?

いよいよアドベント。クリスマスを待ち望む季節に入った。

礼拝の後、いつものようにツリーの飾り付けを行った。
今年は子どもやユースたちにもたくさん参加してもらおうと思ったのに、
残ってくれたのは2人だけ。「めんどくさい」というのが本音のようだ。
よくよく聞いてみると、
そういう家族行事をしている子たちが、ほとんどいないことがわかった。
だからこそ、と思うのだけど、押し付けるのもなんだから、
気持ちのある人たちだけで飾り付けをした。
年代も背景も違うでこぼこの家族。
いかにも教会らしくて、いいな、と毎年これは思うこと。
がんばってくれた4歳のSちゃんに、ありがと、と帰り際にクッキーを渡した。
あ、でも、これ、いただきもののゴディバのチョコクッキー。苦いよね。
Sちゃんのママには、大丈夫です、と言われたけれど、どうなったかな ?

d0366488_23051821.jpg

今年は3年ぶりにクリスマスリースを新しくしました。
長年お世話になっているお花屋さんに注文。
ことばだけでイメージを伝えるのは案外難しく、
あれもこれもと欲張って注文した結果、できあがってあれれ、という年もありました。
ことば数の多い人間なので、ことばはシンプルに明確にと、常々肝に銘じています。
やはり生の素材を使ったリースは、香りも雰囲気も新鮮。
見ているだけでうれしくなってきます。

これは、ここ数年のクリスマスリース。
派手めにしたり、カントリー風にしたり、
そのときどきの私の気持ちが表れているような気がします。
なかでも今年のリースは、基本に戻った感じで好きです。

d0366488_23051981.jpg
ラメがキラキラ。いつもと違うお花屋さんにお願いしたら、やっぱり違う雰囲気となりました。ユーカリのリースも初めてでした。ドライで作ってもらいましたので、翌年もしっかり使えました。
d0366488_23052071.jpg
ログハウスの扉に合いそうな。カントリーにしてください、とお願いしたら、ナチュラルですてきに。
d0366488_23052136.jpg


d0366488_23052318.jpg
とにかく目立つように、とお願いしたことを覚えています。会堂のドアがガーデングリーンなので、緑のリースは、遠目では見えにくいこともあって。でも、ピンクを使っていただいたのは、このときだけ。
d0366488_23052392.jpg
これは毎年、牧師館の扉に飾っているミニリース。室内なので、何年でも持ちます。
赤色がかわいい。
[PR]
by puppy_Benji | 2015-11-30 21:50 | クリスマス