奥多摩の森のパン屋さん

d0366488_23051293.jpg

小さなごあいさつに出会って、ふと嬉しくなったので、ガラケーでシャカッ。

d0366488_23051295.jpg


ここは奥多摩のベーカリーカフェ、nocoさんの駐車スペースだ。
車で通りがかって、気になった。勘が働いたというか。
入ってみると、私の好きをたくさん発見できる店だった。

高い天井と、大きい窓。そこから見える木々。
自由度の高い空間のもとは何かな。
オーナーに尋ねてみると、機織り工場から家具工場へとリノベされ、
さらに、昨年から、この店になったという。
「コウジョウ」ではなく、「コウバ」。
ああ、だから好きな感じなんだと納得する。
作っているものは変わっても、
物作りの現場の匂いとでもいうものが、そこかしこに降り積もっている。

小林敏也さんの画集・宮沢賢治が並んでいた。
しかも、『猫の事務所』。
あら、こんなところで。少し照れくさいような。
これまた尋ねてみると、
小林さんのアトリエ山猫がすぐ近くにあり、この店にもよくいらっしゃるのだとか。

公私ともにメルとよく行った奥多摩だけど、今回は初めての犬なし。
寂しさはあるけれど、
新しい出会いも与えられて、毎日がこうして進んでいくんだな、なんて。


店内に置いてあったチラシをリンクしておきます。賢治作品の幻燈会。小林敏也さんも出演されるようですね。いいな。
『セロ弾きのゴーシュ』幻燈会
[PR]
by puppy_Benji | 2015-10-10 00:31 | まち