ずれを乗り越えていく

d0366488_23051156.jpg

フィリピンのバン、puto。小さくてかわいい。スコーンのような ?


日曜日、礼拝が終わってみると、
例の『まいにちのおいのり』を、3歳のSちゃんがいじくっていた。
本棚の目立つところに飾っておいたので、すぐに見つけてくれたのだ。
気に入った様子で、開いたり、閉じたり、ご満悦。
Sちゃんのママが「これ、いいですね。借りたいです」と言う。
やたっ。少しだけ書店員の気持ちになる。
面出ししておいた本が売れた、売れた。

人材不足のため、結婚して以来、教会の図書係を担っている。
牧会上のニーズから選ぶことが多いが、
キリスト教書店で物色していると、あの人に読んでもらいたいな、
と顔が浮かんで選ぶこともある。
「あの人」に教える、というよりは、助けとなれば、という配慮が大きい。
結局、「あの人」のニーズが、その時の教会や時代に必要な本だったりもする。

時代に浮上してくる課題と、教会のニーズは、いつも連動している。
弱さの集まる場所でもあるから、当然のことかな。

例えば、心の問題をとってみると、
10年以上前は、圧倒的にうつ病が多かったが、
統合失調症 (今は正式には呼称が違う )に変わり、
あれよあれよと発達障害の問題が増え、
さらに、最近はパーソナリティ障害の問題に直面することが多い。
私たちも勉強を続けていかないと、とんでもない失敗をしてしまう。
まあ、大抵は失敗から学ぶものだから、いいんですけど。
でも、相手は人なので、慎重にいかないといけません。

本好きな教会の仲間が、私の選ぶ本をよく読んでくださっていた。
けれど、その方も、年齢を重ね、通常の礼拝には来られなくなっている。
そのせいか、最近は本を借りていく人がずいぶん少ない。
いえ、よく考えてみれば、
いつの間にか、私たちの教会の半分はフィリピンの人たちなのだ。
彼らが日本語の本を借りて読むことは、ほぼ100パーセント近くない。

今年の6月くらいから、週に一度、
ひらがなと英語で学ぶバイブルクラスを、近所のフィリピン料理屋で開いている。
先生は私で、テキストも私のオリジナルだ。
毎週、焦りながら、ひらがなだらけのテキストを作っている。
生徒のみなさんは、読み書きはタガログ語がいちばん楽なのだが、私はタガログ語はさっばり。
タガログ語の会話を聞く機会には、いつも恵まれているのだけれど、
語学として学ぼうという気持ちにまでなれない。
取り組んでみたい語学と、そうではない語学。
その線引きは、きっと言葉にならないいろんな要素が、自分の中にあるんだろうな。

生徒のみなさんは、日本語を正式に学ぶ機会がないまま、
暮らしていく中で身につけた人たちばかりだ。
日本語しか話せない我が子や孫を思い、日本語の教会に通いたいと思ってやってくる。
うんと話せるけど、読み書きは苦手。
でも、「学ぶ」ということが新鮮らしく、
子育てをすでに終えた女性たちが、女子学生のような真剣さで取り組んでくれる。

とはいえ、学ぶことそのものがうん十年ぶりの方たちだ。
質問に答える、課題を話し合う、といった学習のスタイルそのものを飲み込むまでに、
かなりの道のりがあった。ほとんどコメディ映画を見ているよう。
彼女たちの明るさはものすごく、げらげら、がやがや。そして、ときにはしんみり。

いつも、私と彼女たちの間には、言葉によるズレが横たわっている。
そして、文化の違いによるズレも大きい。
でも、それをバイブルを真ん中に置いて、一致していくプロセスというか。
バイブルそのものを学ぶことよりも、私たちにとっては、
そのことの方が大きいような気がしている。

学びを始めるときに約束したのは、こんな聖書のことばだった。

「あなたがたは自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。」
(ローマ人への手紙12:18 )

自分に関する限り、というところが好きです。

d0366488_23051279.jpg

フィリピンの代表的なお菓子のひとつ、ポルボロン。
スペインのガイドブックを読んでいたら、伝統菓子として載っていました。
長くスペイン統治下にありましたものね。
これはプレーンですが、10種類以上もいろいろなフレーバーがあるようです。
落雁のような、ちんすこうのような。
初めていただいたときに、あ、美味しい ! と反応したため、
フィリピンに里帰りする度に、みなさんがお土産に買ってきてくださるので、
いつも、いつも、我が家にあるような気がします。
教会の日本人たちは、もう誰も食べません。
うーん、アンのエピソードにこういうのありましたよね。
私もさすがに。年に1、2個がいいかな。
これも文化の違い。


当初、時間などの「約束」をなかなか守ってくださらないことが多く、なぜかしら、と調べていくうちにこの本に出会いました。約束を裏切られ続けた国という歴史がありました。知らないことだらけでした。一読をお薦めします。
[PR]
by puppy_Benji | 2015-10-08 18:26 | hope