盲導犬パピー、ベンジーとの10か月とその後。 文筆家+牧師の奥さん、宮葉子のブログ


by 牧師館のお茶会
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
d0366488_23070245.jpg
 
3年目になるアン・ブックスの読書会を今年も開くことができた。
子犬な毎日から抜け出して、
しばしアンの世界へ浸るシアワセ。
小金井にある会場の教会には、
時間ぎりぎりに飛び込むという体たらくだった。
それでもどうにか、
花柄のワンピースなどを着込み、
首元には夫から婚約時代に贈られた小さなパールをつけ、
アンの世界をなんとか気取って、
みなさんとお会いすることができた。

赤毛のアン。
このことばには、日本人にとって特別なチカラがあると思う。
集まったのは20代から70代までの全世代。
少女時代に、あるいは大人になってから、
それぞれの場でアンと出会った話は尽きない。
登場人物の名前をつけて互いを呼び合うお遊びにも、
ノリよくお付き合いくださった。
ちなみに私は、ずうずうしくもフィリパにしてみた。

年に一冊ずつアン・ブックスを読めば、
10年間で読破する。
この気の長いような企画のゴールには、
アンを通して出会ったすべての人たちとの、
再会のお茶会を考えている。
全員集まってくだされば、相当数になるはずだ。
そのときまで、アンを自由に笑顔で語れる国であってほしいな。

子犬な日々の中、
詳しい報告を書けるかどうかと思い、
とりあえずアップしたツイッターの報告のリンクは下記から。
アップルタルトの至福な味、伝わるといいのですけれど。

booksheepbook.hatenablog.com/entry/2016/08/21/

d0366488_23070291.jpg
 

d0366488_23070343.jpg
 
読書会の後、相棒のメリーさんとしばしおしゃべりも、恒例の楽しみ。
[PR]
# by puppy_Benji | 2016-08-23 16:52 | 赤毛のアン | Comments(0)
ベンジーが来て、はや3週間。
あまりのめまぐるしさに、あわあわしている。
成長ぶりを書き留める時間のなさを惜しく思い、
急遽、インスタグラムを始めてみた。
毎日、一枚ずつ「今日のベンジー」を更新。
ガラケーからスマホに切り替わったのは、
つい最近なので、
スマホの機能そのものがよく呑み込めていない。
でも、なんとかんとか。
♯という文字を使ってみる文化も、
見よう見まねで。
こういうものは、
上手に使っていくための
ゲームのルールのようなものなのかな。

パピーの成長は早いのなんの。
寝ている間に、ぐんぐん伸びている。
なにしろ1年間で、
人間でいうところの20歳の青年にまで育つらしい。
犬の一生は太く短く。
盲導犬は、さらに太く太く、かな ?

ベンジーを応援してくださるみなさま、
インスタグラムをぜひフォローください。
ユーザー名は、goodnews_cafeとなっています。


d0366488_23065702.jpg

盲導犬協会で、ベンジー、兄弟たちと登場 !
d0366488_23065877.jpg

d0366488_23065921.jpg

まだ外を歩いたことのない初々しさ。
d0366488_23065988.jpg

2週間前は、むちむちの寝姿。今はもうすこし足がすらり。
d0366488_23070085.jpg

メルのおさがり。お気に入り。甘噛み対策の必需品。
d0366488_23070178.jpg

日々、スリングから飛び出しそうなやんちゃぶり。
ベンジーならぬ、バンジー ?
d0366488_23070112.jpg

ベニヤミンくん、聖書を前に神妙な顔。
[PR]
# by puppy_Benji | 2016-08-14 23:35 | パピーウォーカー | Comments(0)

盲導犬パピー来たる!

ワクチンが終わるまでは、スリングでお散歩。今からいろいろなものに見慣れていく練習が始まっています。夫がこのいでたちをすると、目立つのなんの。
d0366488_23065719.jpg


ついに、パピーがやって来た。
ゴールデンレトリーバーの男の子で、
名前は「ベンジー」。
Bで始まる母犬と同じ頭文字の候補リストから、
盲導犬協会が選んでくれた。

名前の由来は、旧約聖書に登場するベニヤミン。
その愛称をとって「ベンジー」。
聖書では、族長ヤコブの12人の子どもたちの末っ子で、
こちらのパピーも5頭兄弟の末っ子だ。
末っ子だけど、いちばん大きくて
月齢2ヶ月にして、体重は4.5㎏もある。

ヘブル語のベニヤミンは「右」を意味し、
ヘブル文化では右は美徳を表す。
これから人の傍にいることになるパピーに、
こんな思いを込めてつけた。
ベニヤミンだと呼びにくいので、
盲導犬になった時のことを考えてベンジーに。
昔、ベンジーという名前の犬の映画があったような。
あれも、ベニヤミンが由来なのかしらん。

書きたいことはたくさんあるけれど、
1日が終わってみると、
余力のカケラもない。
パピーが来るということは、
赤ちゃんが来たということ。
赤ちゃんの仕事はウンチとオシッコと眠ること。
もちろん、遊ぶことも。
パピーウォーカーには、
これらのお世話に加えて、
外の音や人など、
たくさんのものを体験させておく使命がある。
まだ地面に下ろしてはいけないので、
まずはスリングで抱っこ。

今は夏休みだから、
昼間、子どもたちが、
犬、見せて、とやってくる。
ふう。
加えて、この夏は、
児童館での仕事などもしている。

子どもと子犬。
どちらも育む仕事なんだけど、
むしろ、私自身が子どもに戻っている気分だ。
これぞ夏休み。
でも、寝不足でふらふらなのは、
やっぱり大人だからだわね。
先は長いぞ。
[PR]
# by puppy_Benji | 2016-08-03 22:03 | パピーウォーカー | Comments(0)

盲導犬パピー委託式前夜

d0366488_23065628.jpg


明日は隅田川花火大会。
でも、我が家は地元を抜け出して、横浜へ。
いよいよ盲導犬パピーの委託式なのだ。

掃除やら、ペットシーツの買い出しやらと、
ようやく必要なことを済ませてほっ。
1年前、庭の物置にしまい込んだ犬グッズ一式も、
今日になって引っ張り出してきた。
ほとんど締め切り前夜といった様子だ。
パピーのおかげで、
家の中がずいぶんと片付いた。
でも、その代わりに、
巨大なケージがソファの前にどっしり。
子犬中心の暮らしが始まるんだな。

何かを始める時、
いつも思うことは、
初めの愛を忘れないこと。
人間は、大切なことを
つい、当たり前にして、
忘れてしまう生き物だから。

ちょっと厳しい聖書のことばだけど、
自戒を込めて引用。

「しかし、あなたには非難すべきことがある。
あなたは初めの愛から離れてしまった。
それで、あなたは、
どこから落ちたかを思い出し、
悔い改めて、
初めの行いをしなさい。」
ヨハネの黙示録2:4-5

初めの愛、なのです。
[PR]
# by puppy_Benji | 2016-07-29 23:32 | パピーウォーカー | Comments(0)
アンの読書会の相棒・メリーさんが送ってくださった今年のお菓子の写真。
アップルタルト。今から楽しみです。
d0366488_23065602.jpg
 



『アンの愛情』読書会とお茶会
 
読書会の詳細は、リンクからどうぞ。

ブログを書く時間のとれない日々。
気づいたら、アンの読書会まで1ヶ月を切っていたので、
あわててあちこちで告知。
今年はどんな出会いがあるのかしらん。

世の中は、すっかりポケモンのようだけれど、
わたしの周りは変わらず、流されず。
なんて思っていても、
ポケモンは、勝手に暮らしに入り込んでくる。

今朝、教会のユースがスマホを持って教会に飛び込んできた。
どうやら、いるらしいのだ。
いずこも教会は「ポケスポ』なんだとか。
ポケモンのスポット。いやだな、こういう略語。

礼拝が終わってみると、
スマホを手にした人たちが、
教会の前で探している。

用事があって、午後、錦糸町へ行くと、
錦糸公園は異様な雰囲気だった。
人、人、人。
みんなスマホを持って探している。
こんなにたくさんの人が集まっているのは、
桜の咲く時期以来ではないかしら。

みんな、本当は何を探しているんだろう。なんて。
[PR]
# by puppy_Benji | 2016-07-24 23:53 | 赤毛のアン | Comments(0)