盲導犬パピー、ベンジーとの10か月とその後。 文筆家+牧師の奥さん、宮葉子のブログ


by 牧師館のお茶会
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

憲法には愛がある

きっとこの動画は、今夜からシェアされ続けるのだろう。今、 FBでは、すごい勢いで、SEALDS・奥田愛基くんの国会での公聴会のことが流れてくる。でも、やっぱり私もここでシェアしなくてはと思わされて。



この春、数年ぶりに関西で弁護士をしている古い友人に会った。
お互いに時間のない中、私は神戸に行く途中だったので、
新幹線の駅構内での再会となった。

カウンター席に座った彼女は、たこ焼きをつつきながら言う。
「憲法には、ヨウコさんの言う愛があると思うのよね」。
そのひと言から、私と憲法との新しい関係が始まった。

彼女は、おすすめの本までどっさり送ってくれたのだけれど、
私の学びときたら、それはゆっくり。
ゆっくり、ゆっくりを続けているうちに、世の中は、猛烈に動き出していた。
彼女も、憲法カフェなんかで、どんどん語り続けている。

奥田愛基くんのお父さんは牧師として、
九州で、路上生活者の支援を長年続けておられる。
息子の名前にこめた思いを、勝手に想像してみる。
「愛」と「基」の字の深い意味を。

ときどき、日本国憲法を声に出して読んでみる。
すると、公布された当時の、まっすぐな思いが届いてくるようで、
心の深いところがじんわりする。まるで聖書みたいなのだ。
言葉遣いは、熟語だらけで平易ではないからこそ、読む度に、新しい発見がある。

わたしたちには計り知れないところで、
政治の世界には、いろんな思惑だとか、国同士の駆け引きだとか、
びっくりするような裏事情があるんだろうけれど、
でもね、しょせん人のしていることだから、恐れなくていいのに、と思う。
国のリーダーたちの恐れが、国をごたごたにしていく歴史は、
もう何度も何度も繰り返されていること。

テレビに出てくる政治家たちの薄暗い顔を見ながら、
わたしは出エジプト記のパロを思い出すのでした。

d0366488_23050858.jpg



国のリーダーたちがおかしな発言ばかりしているのを見ていると、ここに最後に出てくる獅子みたいなのが、現れないからしら、などとひとり妄想。「お前たちは何をしてゐるか。そんなことでは地理も歴史も要つたはなしではない。やめてしまへ。えい。解散を命ずる。」という決め台詞。いつ読んでも好きなところです。


わあわあ騒ぐどんぐりたちは、国会の中で品なく声を上げるおじさまたちみたい。だれが偉いかと大騒ぎするどんぐりたちに申し渡された判決は「このなかで、いちばんえらくなくて、ばかで、めちやくちやで、てんでなつてゐなくて、あたまのつぶれたやうなやつが、いちばんえらいのだ。」。賢治節です。
[PR]
Commented by nonnnann at 2017-04-26 14:31 x
この本を読んで平和憲法の有り難さを改めて感じました。大切に守りたいですね。

Commented by by Miya yoko at 2017-05-31 11:51 x
nonnnannさん、ありがとうございます ! ブログをお休みしていたので、今ごろのコメント返信で失礼しました。憲法のスタイルではなく、本質を守っていきたいです。

by puppy_Benji | 2015-09-15 21:22 | hope | Comments(2)